オルニチンと二日酔いの関係

二日酔いになると、気持ちが悪くなり、仕事などにも影響が出てしまいますので、何とか対策をということですが、その点では、ウコンが最も有名です。二日酔いの原因となるのはアルコールから生じるアセトアルデヒドであり、この解毒に直接作用するのがウコンだからです。

 

これに対して、オルニチンはアンモニア分解に働きかけるというで、アセトアルデヒドの解毒には作用していないため二日酔いに効果はないという説もありました。

 

しかし、両方に関係しているのは、肝臓という同じ臓器であって、ここで行われるのがアセトアルデヒド解毒とアンモニア分解であることから、オルニチンも間接的ではあるけれども二日酔いに効果があることが分かってきました。

 

オルニチンは、もともと人間の身体の中にあるもので、身体の中で生成されている必須アミノ酸の一種です。肝臓の中でアルコールの分解をサポートをする役割を担っています。だから、アルコールを摂取していても、もともと体内にあるものだけで対処してくれるので、ある程度の量であれば、問題は発生しないというわけなのです。

 

ところが、加齢とともに体の中で作られるものは少なくなり、相対的にアルコール分解に不足してくるということになります。二日酔いになりやすいというのは、このことから肝臓の機能が弱まっているということになります。

 

したがって、身体で作られるものを補足するという目的で、摂取することによって、お酒を飲んだときにアルコールをしっかり分解できるようにしなくてはならないということになります。

 

そこで、オルニチンをどうやって吸収するかですが、最も有名なものはしじみです。こちらは、最近はサプリメントなどでPRするところが多いので、ご存知の方も多いとおり、しじみは代表選手です。その他にもキハダマグロやチーズなども含んでいます。ただ、含んでいる量はそれほど多くはないので、通常の食事だけで必要な量を摂取するのは難しいと言われています。

 

そのためにサプリメントなどに頼るということになるわけですが、もう一度振り返ってみると、アルコールを分解するため、お酒を飲むからということでした。身体のため、健康のため、酔いからくる不快感を避けるためということであれば、大量のお酒は飲まないで、ほどほどにするというのが本来の姿ということもできます。

 

今、ある程度の年齢に達した人が気を付けなければならないのは生活習慣病やメタボです。このことからしても、お酒は適量を守って楽しくというのが大事なことなのです。そして、万が一のときにオルニチンのお世話になるというのが賢明なことと言えます。